そのほくろ、気になりますか?

ほくろの除去にはレーザー治療が最適【悩み取り除いて人生を楽しむ】

ほくろのレーザー治療

医師

ほくろの除去治療の方法

良性のほくろであっても、コンプレックスに感じている場合は皮膚科や美容整形で除去することができます。そういった場合には、炭酸ガスレーザーで行うことが多く、痛みも少ないということで人気があります。ただほくろ治療におけるレーザー治療には切除による治療と比べて再発しやすいというデメリットがありますが、厳密にいうとこれは再発ではなく取り残しの場合が多いため、医師の技術も重要となります。今から20年ほど前には、ほくろの除去と言うと切除手術が一般的となっていましたが、切除手術は傷跡が残る可能性が高いため最近はレーザー治療が主流となっています。レーザーにもいくつかの種類がありますが、その中でも炭酸ガスレーザーは数あるレーザーの中でも非常に激しいレーザーで、体の中の水分に吸収される光の波長を発射し皮膚に含まれる水分を蒸散してほくろを除去することが可能となっています。高い効果が期待できる炭酸ガスレーザーですが、激しいレーザーのため痛みも強くそのまま手術を行うことは難しいため注射の麻酔を行なってから照射をしていきます。多くの女性が気にしている顔のほくろは、美容整形などでも簡単に取り除くことが可能となっていますから、コンプレックスに感じている場合は気軽に手術を受けてみた方がよいでしょう。美容整形というと顔の作りを大きく変えてしまう手術のイメージが強いかもしれませんが、ほくろの除去手術は簡単の手術で顔の造作を変えてしまうわけではなく、コンプレックスを取り除くだけの手術ですからそれほど負担に感じることはありません。コンプレックスを取り除くことで人生を楽しむことができ、異性関係にも積極的になることができますからカウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。大きく膨らんでいるほくろは特に目立ってしまいますが、ほとんどの場合は良性の腫瘍で体に悪影響を及ぼすことはありません。ただ中には体に悪影響を及ぼす悪性の腫瘍ができる場合もありますから、気になる場合は病院で調べてもらう方がよいでしょう。初期の段階では良性のものか悪性のものかの判断は素人では難しいため、早期の段階で診てもらうようにしましょう。美容整形で簡単にほくろを除去することは可能ですが、それが本当に除去しても大丈夫なのかどうかは処置をする前に見極めてもらう必要があります。美容整形は見た目をきれいにすることがメインとなりますから、良性の腫瘍で小さいものであれば美容整形がよいかもしれません。ほくろの除去治療を美容整形外科で行なう場合、腕の確かな医師がいるところを利用するようにしましょう。最近はインターネットサイトで簡単に情報収集が行なえるため、実際に行って施術を受けなくとも良し悪しを判断することが可能です。掲載されている口コミ情報がすべてというわけではないので、あくまでも参考にする程度となりますが何も調べないで行くよりも安心することができるでしょう。中にはお得な情報が掲載されていることもあるので、色々と調べていった上で美容整形外科に行くことをおすすめします。また、ホームページにある症例写真なども医師の腕が良いか確認することができるので、チェックしてみると良いでしょう。